ローソク足

ローソク足

相場の値動きを時系列に沿って図表として表す手法の一つです。
形状が「ローソク」に似ていることで「ローソク足」と呼ばれています。

ローソク足は、日本発です。
江戸時代に世界最古の先物市場・大坂(現在の大阪)堂島の米相場で
巨万の富を築いたとされる本間宗久氏の考案したものです。
日本の米相場で生まれた純国産の「罫線分析(テクニカル分析)」です。

ローソク足チャートの「ローソク」とは、
1日、1週間、1ヶ月、1年間という期間中の、

  • 始値(はじめね)・・・ 相場が始まった時の価格
  • 高値(たかね) ・・・ 期間中の高値
  • 安値(やすね) ・・・ 期間中の安値
  • 終値(おわりね)・・・ 相場が終わった時の価格

という四本値(よんほんね)を表したものをいいます。

 

陽線

始値よりも終値が高い価格で終わった場合、ローソク足は、
赤色となり「陽線」と呼ばれます。
「陽線」だった場合、買いの勢いが強かったことがわかります。
実体部が短ければ、買いの勢いは弱かったとなり
長ければ、買いの勢いが強かったとなります。

陰線

始値よりも終値が安い価格で終わった場合、ローソク足は、
青色となり「陰線」と呼ばれます。
「陰線」だった場合、売りの勢いが強かったことがわかります。
実体部が短ければ、売りの勢いは弱かった、
長ければ、売りの勢いが強かったとなります。

ヒゲ

ローソク足では高値と安値を「ヒゲ」(影)で示していることで、
高値圏や安値圏での売り圧力と買い圧力の強弱が把握できます。
上ヒゲが長ければ、一時的にかなり上昇したのに、
売り圧力が強く押し戻されたことがわかります。

上昇トレンドが長く続いた後に出現した場合は、
そろそろ天井圏に近い可能性大です。
下ヒゲが長ければ、一時は大きく下がったのに、
買い圧力に押し戻されて終わったことがわかります。

下落トレンドが長く続いた後に出現した場合、
そろそろ底値圏に近い可能性大です。

 

ローソク足の期間

ローソク足は期間によって呼び名が変わります。

期間が1日なら日足(ひあし)、

1週間なら週足(しゅうあし)、

1ヶ月なら月足(つきあし)、

時間単位ならば、時間足(じかんあし)、

分単位ならば分足(ふんあし)と呼ばれます。