N波動

N波動

Nだけじゃない、波動は何種類かあります
チャート分析でいう「波動」は、
価格が波打ちながら、上下している状態のこと
価格の上下する推移を波と捉えて、
波の動きからトレンドを分析するものです。

このような価格が波打ちながら上昇・下降を
続けていくことを「トレンドがある」と言います。
利益をとりやすい局面というのは、
トレンドが発生している時です。

まだ売買に慣れていない初心者の方は、
チャートが示してくれるトレンドに沿って
トレードをすることが第一歩
トレンドが始まりそうなところと
終わりそうなところを見つけることも重要。

波動の「型」をマスターすれば、
チャート図からトレンドの発生を見つけだし
いつまで続くかを見極めることが出来ます。

波動の中でも基本となるのがN波動です

 

波動の種類一覧

波動には、波がシンプルなパターンと、
その他の波が複雑なパターンがあります。
この記事ではN波動を解説していきますが、
その他の波動の型紹介します。

I/V/N/P/Yの5種類です

*出展 https://toushi-gp.net/n-wave-howto/

N波動(三波動)を読む

N波動とは、I波動とV波動の組み合わせ
価格の動きを簡単に説明すると、
例えば上昇時の場合には、価格が上昇し、
押し目を迎える、しかしまだ上昇していく
こういった動きがN波動(三波動)です。

上がって下がって、上がるという形だけではなく、
いろんな形がありますが、
この3つの動き(上がって下がって、上がる)を
基本的には三波動と考えます。

この3つの三波動の形は、5種類だけです。
そのため、この5種類の三波動を見極めれば、
今後のトレンドの方向性が分かり、
先の値動きが分かるようになります。

 

価格には細かい上下の動きがあります。
たとえば、上昇のN波動でも
細かくみるとその中にもN波動はいくつも
あらわれています。
その細かい動きは無視して、
大きなところで流れを見るようにすると
トレンドをつかむことが出来ます。