グランビルの法則

クランビルの法則とは

米国のジョセフ・グランビルという
アナリストが編み出した投資手法。
英語ではGranville’s law
株価と移動平均線との関係を利用した
8つのチャートパターンを指します。
実践的に言い換えると、
株価と移動平均線からエントリーの
タイミングを見極める手法です。

買いと売りを示す8パターンがあります

 

 

8パターン

上図の8つのパターンがあります。
説していきますね

青が買いの、赤が売りのサインです。

 

買いサイン①

移動平均線が横ばいまたは、上昇転換時に
ローソク足の終値が上抜きしたポイント

 

買いサイン②

移動平均線が上昇している時に、
ローソク足の終値が下抜きしたポイント

 

買いサイン③

上昇している移動平均線に、
ローソク足が
タッチ&反転したポイント

 

買いサイン④

下落している移動平均線より
乖離しているポイント

 

売りサイン⑤

移動平均線が横ばいまたは、
下降転換時にローソク足の終値が
下抜きしたポイント

 

売りサイン⑥

移動平均線が下降している時に、
ローソク足の終値が上抜きしたポイント

 

売りサイン⑦

下降している移動平均線に、
ローソク足がタッチ&反転したポイント

 

売りサイン⑧

上昇している移動平均線より
乖離しているポイント

 

 

どうしてこれらが有効なのか

移動平均線を使った手法は
グランビルの法則を使っている

『グランビルの法則』が武器になる理由、
それは移動平均線が多くのトレーダーに
用いられて

いるインジケーターだからです。

相場を分析するため世界中のトレーダーは
チャートに、インジケーターを表示してます。
そのインジケーターの種類は、世間には
数え切れないほど存在しています。
中でも最も広く用いられているのが移動平均線。

なぜ、移動平均線なのか?

それは、シンプルで分かりやすい
インジケーターだからです。
だから、多くのトレーダーが
移動平均線を活用しています。

*移動平均線についてはこちら

 

メルマガのお知らせ

FXだけでなく、投資関連の情報発信をしています。

下記のフォームに記入して

「確定」をクリックしください。