移動平均線

移動平均線とは

一定期間の価格から平均値を計算し、
折れ線グラフで表したものです。
その日を含めた過去何日間(または何週間)の
価格を毎日計算するため、
平均値が移動していくことから、
移動平均と呼ばれます。
代表的なテクニカルチャートで、
価格の傾向や流れなど、
相場の方向性を見る手掛かりとなります。

日足チャートなら5日線や25日線、
週足チャートなら13週移動平均線や
26週移動平均線などが一般的です。
長期移動平均線を短期移動平均線が
下から上に交差するとゴールデンクロス
上昇のサインとされています。

当日を含めた過去の価格の平均を出します。
例えば、5日線の場合、当日終値100円、
前日終値110円、2日終値90円、
3日終値70円、4日終値120円であれば、
98円(100円+110円+90円+70円+120円の5分の1)
となります。

移動平均線の例

移動平均線は、一定期間の平均価格を
日々計算して出した「答え」を
線でつないだものです。

 

期間の異なる移動平均線による現象(シグナル)

複数の期間のものを組み合わせることにより、
重要なシグナルを判断することができます。

その一つに“ゴールデンクロス(買いシグナル)”と
“デッドクロス(売りシグナル)”があります。

見分け方は期間の短い移動平均線が、
期間の長い移動平均線を上に越えると
ゴールデンクロス。
反対に期間の短い移動平均線が、
期間の長い移動平均線を下に抜けると
デッドクロスというシグナルになります。

ゴールデンクロスは下落のあとに出る現象です。
期間の長い移動平均線は、
下落する以前から買っていた人が多いため、
売りたいという重りがあるといえ、
期間の短い移動平均線が越えてくるということは、
この重りが除かれたということで、
上がりやすくなります。

反対に、デッドクロスは
上昇のあとに出る現象です。

これまで安心して買っていた人の価格を、
短期間で割り込むことにより、
下がりやすくなります。

 

メルマガのお知らせ

FXだけでなく、投資関連の情報発信をしています。

下記のフォームに記入して

「確定」をクリックしください。