チワワの正しい褒め方!叱ってしつけるよりも効果的?

チワワをしつけるときにほめることを有効に使っていますか?

叱るだけがしつけではありません

チワワのイタズラ 噛みつき  無駄吠え  飛びつき  飼い主より先に歩こうとしたり 部屋の中を散らかしたりなど、子犬のうちは特にたくさんありますね。

そんな時有効な叱り方があります

チワワの叱り方どうしていますか?

叱る時は短く、「ダメ!」と叱ります。

表情も厳しく、チワワと目を合わせ  今したことに対して怒っているよ  してはいけないんだよ とさとします。

これを根気強く行い  いけない事をしなくなるのです。

良い行動は褒めましょう! でもほめ方にもポイントがあります。

いつも褒めていたらチワワと飼い主の立場が逆転してしまうこともそれではいうことを聞かなくなってしまいます。

考え方と言えば褒めるのもしつけのうちであるということです。

チワワの褒めかたわかっていますか?

思いきり撫で回して大げさに褒める必要はありません。

褒める時も短く「良い子!」とか「ヨシ!」と声をかけて 軽くなでてあげるくらいです。

大げさに褒めるやり方はチワワに 自分が主で人間が自分に従っているという勘違いをさせる危険がありますから。

例えばトイレのしつけの例です

最初に家にチワワが来たときはまずケージの中で過ごしてもらいますトイレシートをケージのなかに敷き詰めて チワワがどこでトイレをするのかを観察します。

一定の場所でトイレをするはずですその場所にトイレを決めてそこでトイレができたら褒めます

ケージから外へ出られるようになっても ケージに戻ってトイレをしたら、褒めます

ケージの中でトレーニングする方法も ケージの外でトレーニングする方法も 大事なのはタイミング良く褒める事です。

自分からトイレでちゃんと排泄してくれるようになってきたら いっぱい褒めてあげてます。

チワワは褒められるのが大好きなので トイレで排泄すると褒めてもらえると思って徐々に習慣化していきます。

トイレができるようになり慣れてきたら できた時におやつをあげるのも効果的。

チワワが喜ぶ顔が目に浮かんできますね。

チワワをほめてよくなった例です

まだまだしつけ途中の子犬チワワについての話でこんなのがありました。

トイレは、おしっこをシートでするたびに褒めるのを繰り返します。

家族みんなでほめていたら、失敗もまだあるけど自分で行くことも増えてきてます。

まだまだ、ほめていこうと思ってます。

他にはこんなのも

うちではオスワリをしたら、できたかどうかわからないくらいの速さでおやつを出してヨシヨシと撫でます。

これが必勝法です。

これを繰り返すとチワワから積極的にオスワリしてご褒美は?とこちらを見るようになりますよ

私も伏せを覚えさせるときにこの方法を使っていました。何げなくチワワが伏せたときに褒める。

最初はチワワはなんだかわからないけれど、また伏せたらほめると繰り返していくとだんだん伏せをしてご褒美を要求するようになりました。どこも一緒ですね。

チワワとの信頼関係を構築しましょう

チワワとコミュニケーションちゃんととれていますか?

飼い主さんが自分でしつけをしていくことでいい関係が作れてチワワと人間との信頼関係・主従関係がつくれます。

この機会に信頼関係を確認しておきましょう

チワワが言うことを聞く環境にあれば チワワの変化にも敏感に対応できますね

チワワは甘やかすと図に乗る性格でどんどん増長します。

ともするとチワワが人間を下に見てしまうということです。

まだ慣れていないからと甘い顔をするとどんどん増長するということです。

チワワがわがままになってしまったときはしつけのやり直しになります

  • 「噛みぐせが直らない!」
  • 「いつまでたってもトイレを覚えてくれない」
  • 「留守中のイタズラがひどい」
  • 「無駄吠えが多い」
  • 「しつけをちゃんと覚えてくれない」

などなど今のチワワ君では不安ではないですか?

私はチワワを訓練に預けたことがありますが帰ってきてしばらくしたら元に戻ってしまいました。

チワワと訓練士さんは信頼関係があるんでしょうけれど私との間では今一つだったんでしょうね

私と同じ失敗をしないためにもあなたにおすすめしたいマニュアルがありますので、ぜひご覧になってください。

私と同じ失敗をしないためにもあなたにおすすめしたいマニュアルがありますので、ぜひご覧になってください。

チワワのしつけ方!成犬になっても使える無駄吠え・噛み癖・トイレのお悩み解消方法