チワワのいたずらが治らない!ストレスを無くしていい子にする方法
チワワの愛らしい姿にいつも一緒にいたいと思っても、そうはいかないのが現状でしょう。
家庭で飼っていたとしても、両親は共働きで子供たちも学校で昼間は誰もいないという家が多いでしょう
チワワはお留守番になりますがこのお留守番の時に寂しさがストレスになると  家中のものにかみつき振りまわすイタズラをすることがあります。
イタズラも、度を越せば目をつぶってはいられませんね
イタズラは散らかっているのを発見したときに行われたわけではないので、怒ってもしょうがないです。
ビデオに撮ってあってもダメですよ。チワワがは画面に映っているのが自分だとはわかりませんから。
それに怒ったり、なにか大きく反応するとチワワの思うつぼです。
イタズラするとかまってくれるそう思ってしまします。
かまわないことが重要です
お留守番のストレスを少なくするにはハウスの習慣をつけることです。

 

広い空間でひとりぼっちより ゲージやクレートの中で過ごすほうが ストレスは少ないのです。

オオカミを祖先にもつイヌ科の動物はオオカミのように狭い穴の中で暮らすことに抵抗はありません。

その方が安心して留守番できます。

普段から、ゲージやクレートがチワワにとって自分の場所だと
いう意識が確立されていれば心地よい留守番タイムになりますね。

 

チワワのお留守番の練習

ケージの中に入れた状態で部屋から出るなど視界から消えてみます。
突然飼い主が見えなくなることで吠えるかもしれません。
でもそこで戻ってしまうと「鳴けば飼い主が帰ってくる」と学習してしまいます
吠えやむまで待ってから、現れましょう。

「いなくなっても戻ってくる」と覚えさせましょう。

おもちゃなどを与えて視界から消えてましょう。

おもちゃはボールやコングなど一人でも遊べるものを選び
留守番が楽しいことだと認識させます。

視界から消える時間は10秒程度から始めて  1分、3分、5分と、少しずつ時間を増やします。
様子を見ながら小刻みに延ばしてください。
出かける際に、声をかけてはいけません。
また帰宅後、じゃれついてきても無視です。
思わず応えたくなりますが「飛びついたりすると褒められる」と覚えさせないようにここはグッと我慢。
おとなしくなったタイミングでおやつをあげるようにします。
こうすることで、無駄に興奮することを少なくしていきます。

 

チワワにカメラを通して声をかけてみたらどうなるか

以前にチワワの姿がいつも見ていられるようにカメラを設置してみるという記事を書きました。

記事はこちらです。

あなたが家にいない時チワワはしっかりと留守番できていますか?

このカメラ、声を出すことができるのです。
ネットやスマホで接続して、こちらの声をチワワに聞かせます。

カメラの動画を見ていて、イタズラしそうになったら”コラ!”と言ってみるとか。

あまり使用頻度が高いとチワワも慣れてきてしまって声が聞こえても驚かなくなりますので、ふだんは画像の確認に止めておいてくださいね。

チワワとの信頼関係

チワワとコミュニケーションちゃんととれていますか?

飼い主さんが自分でしつけをしていくことでいい関係が作れてチワワのちょっとして変化もきづける関係が確立できます。

人間と共存しているチワワなのですからチワワには人間との信頼関係がなければいけません。

この機会に信頼関係を確認しておきましょう

それも人間が主でチワワが従という関係性です

チワワは甘やかすと図に乗る性格でどんどん増長します。

ともするとチワワが人間を下に見てしまうということです。

まだ慣れていないからと甘い顔をするとどんどん増長するということです。

チワワがわがままになってしまったときはしつけのやり直しになります

  • 「噛みぐせが直らない!」
  • 「いつまでたってもトイレを覚えてくれない」
  • 「留守中のイタズラがひどい」
  • 「無駄吠えが多い」
  • 「しつけをちゃんと覚えてくれない」

などなど今のチワワ君では不安ではないですか?

私も成犬になってからチワワを訓練に預けたことがあります

でも帰ってきてしばらくしたら元に戻ってしまいました。

私と同じ失敗をしないためにもあなたにおすすめしたいマニュアルがありますので、ぜひご覧になってください。

チワワのしつけ方!成犬になっても使える無駄吠え・噛み癖・トイレのお悩み解消方法