チワワの耳としっぽの動きは気持ちを表している!動きに注目して今の気分を知ろう

しっぽは、チワワの感情が表れる部分

飼い主は、チワワのしっぽに注目して気持ちを知りましょう。

まず普段はどんな状態なのか

普段って、そうですね平常状態デフォルト状態です。

散歩中に落ち着いて歩いているときのしっぽを観察し状態を把握しておき、そこからの比較で細かい変化に気付くようにですね。

チワワの気持ちとしっぽの動き

しっぽは口ほどにものをいう というのはチワワにというかワンちゃんに言われることですね。

ではそれぞれどんな意味があるのかしっぽの振り方別に解説していきましょう。

・大きく左右に振る

左右に大きく振っている場合は、相手への好意、または穏やかな服従の意味があります。

しっぽに加えて腰を振っているなら甘えていて、垂らした状態で左右に振っていれば落ち着いた状態です。

 

・素早く振る

落ち着きなく素早くしっぽを左右に振っているなら、興奮しています。

大きく速いほど、興奮度合いが大きいです。

興奮している状態は良い状態ではないので、何が原因かなど注意・対処しましょう。

ポジティブに興奮しているのであれば、撫でてあげたり遊んであげたりするのもよいでしょう

ネガティブな理由の場合はチワワの性格によっては噛みつかれることもあるので、気をつけましょう。

 

しっぽを伸ばしている

しっぽを水平に伸ばしているようなら、何かに意識を集中していています

虫などの気になる物があったり、何かが近づいてくるときに見られる動きです

対象に注目してはいるものの、敵意や恐怖ではありません。

散歩中にこの状態になったら、気になるものを見付けたのでしょう

何を見つけたのかを観察しましょう

 

しっぽを上げている

・斜め上に向けている

自分が相手よりも優位であることを誇示するときのしっぽの動きです。

気が強いチワワに多くみられます。

・高く上げくねくねしている

攻撃の意思があることを示しています。

しっぽを後ろ足の間に挟んでいる

後ろ足の間にしっぽを挟み込むように下げているようなら、怯えている時のしぐさです。

ふせのように姿勢を低くしているなら、警戒して次の行動を考えています。

怯えている以外にも、痛みを感じているときもこの体勢になります。

震えているようなら、体調不良の可能性もあります。

 

チワワの気持ちと耳の動き

しっぽの次は耳です。チワワのように立った耳

をしているワンちゃんは注意を向けるものに耳を向ける傾向があります。

他にも耳の動きでわかる気持ちをいくつか紹介していきますね。

耳を前に倒す

耳を前方に倒している場合は、危険を感じている状態です。

敵と見なしたものを威嚇していたり、危険と判断したときは警戒していたりします。

威嚇の際は、鼻にしわを寄せて唸るなど、耳の倒し方以外にも見た目の変化があります。

トラブルを未然に防ぐためにこの状態になったら対象と引き離しましょう。

 

耳をうしろに倒す

耳をうしろに倒しているときはリラックスしている状態です

この状態ですり寄ってきたり左右にしっぽを振ったりするなら、甘えている証です。

耳を後に倒していても不安や恐怖ストレスの場合もあるので、緊張していないか注意して観察しましょう。

 

耳を立てている

何かに興味を示すと、耳をピンと立てて周囲の様子を探ろうとします。

落ち着きがないようなら周囲を警戒しており、

落ち着いているようなら対象に興味をもっている状態です。

 

チワワの口元の動き

しっぽ、耳ときたら次は口元の動きです。

人間であれば目は口ほどにものを言いですが

チワワの場合は口のほうが気持ちを表しているかもしれませんね。

口元の動きから読み取れる感情

・口を少し開けている

口元が軽く開かれて舌が少し覗いている状態は、リラックス状態です。

笑うような表情をしている場合は、心底穏やかな状態です。

・口を閉じている

鋭い嗅覚で、興味を持った物を理解しようとします。

口を閉じている状態は、嗅覚に集中して匂いを嗅ごうとしているかも

耳や頭を前方に傾けている場合は、何かに注目しているときです。

・唇をめくり歯の一部を見せている

怒りを露わにする一歩手前で、軽く唸ることもあります。

・歯茎と犬歯が見えている

犬の武器である犬歯を見せている状態は明確な威嚇で、「それ以上近づくと攻撃する」という臨戦態勢です。

鼻の上にシワが寄っていて、怒っていることが分かります。

チワワがこの状態になったら、その場からひき離すようにします。

 

チワワの目の動き

チワワの目はおおきいですから当然ほかの犬種よりも目の表情が豊かですね。

目の大きさから読み取れる

野性の動物は目を合わせません。目は口ほどに物を言うというように、目から読み取れる感情などの情報は意外と多いものです。

これはチワワも同様です

興奮や集中している時は瞳孔が開くので普段よりも瞳が光っています。

真っ直ぐに相手を見据えているなら、威嚇しているか自分の優位性を相手に誇示しているときです

瞬きが多いようなら退屈かもしれません。

 

チワワのボディランゲージ

チワワの動きはで気持ちがわかることがある ということは理解されたと思います。

次はボディランゲージについて解説します

遊んでアピール

体を低くした状態で前脚を伸ばし、腰や尻尾を上げるポーズは、一番よく見られる犬独特のボディランゲージです。

尻尾を大きく揺らし、興奮気味に高い声で吠える様子も。

社会的地位が同じくらいの犬同志だと、片方がこのポーズをとると呼応するように同じポーズをすることも

お互いしばらく向き合ったまま見つめ合い、そのまま遊びはじめるのです。

これを「プレイバウ」といい、相手を遊びに誘うときや、「仲良くしよう」と伝えるときに使います。

遊び好きなチワワですから、プレイバウはよく見られるのでは。

プレイバウは飼い主さんにも使うボディランゲージです。

チワワがこのポーズをとった後、いきなり室内を走り回ったりは良くあることですね。

ついつい叱ってしまいがちですが、チワワは大興奮しているので言うことを聞かないことがほとんど。

プレイバウをきちんと確認できれば、飼い主さんも叱らずに済みますよね。

一旦興奮を落ち着かせてから遊んであげましょう。

飼い主に服従を誓う

服従のサインには、お腹を出して仰向けになった姿勢や、体を低くし、耳や尻尾を下げて飼い主の目を見る姿勢などあります。

このポーズは争いごとを避けるため、相手に敬意と服従の意思を伝えるためです

服従を示すときは飼い主の目をしっかりと見つめます。

緊張していないか不安そうな顔をしていないか、姿勢だけでなくほかのことも観察し気持ちを汲み取ってあげましょう。

 

チワワの威嚇

威嚇にも種類があります。

相手の出方を伺いながら「行動次第では咬みつくぞ」といった意味合いの攻撃的な威嚇と、服従ではないが相手に対して強い恐怖を抱いていて困惑している保守的な威嚇。

攻撃性のある威嚇の特徴としては、体は前のめりになり、
尻尾や耳はピンと立った状態。

瞳孔が開き、迫力があります。

チワワの場合は唇をめくり上げ、鼻と額にしわが出ています。

保守的な威嚇のときは体全体を低くし、尻尾を両脚の間に挟み込み、鼻の上にシワがでます

追い詰められているときにこのポーズをしますが、場合によっては咬みつくことがあるため注意です。

威嚇のボディランゲージは、社会性が十分でない臆病なチワワが他の犬に対して行うことが多いです

 

謝る仕草、降参

お腹を見せて仰向けになる姿勢は服従を意味することでも紹介しましたが、お腹を見せる意味として「もう降参」「許してください」など、謝罪の意が込められている場合もあります。

お腹を出してきたから撫でたら噛まれたという事例も「もうこれ以上は勘弁してください」「構わないでください」という意味のため服従と降参を見分けられるように、よく観察してみましょう。

 

カーミングシグナル

カーミングシグナルには
「顔をそむける」
「視線を反らす」
「あくびをする」
「臭いを嗅ぐ」
などがあります。

カーミングシグナルは犬の本能ですが、社会に出る機会が少ないと忘れてしまうことも。

自分の興奮を抑えられない、相手の興奮をどうしていいか分からない、そんな子には飼い主がカーミングシグナルを思い出させてあげるといいでしょう。

気持ちを抑止する初歩的な指示「フセ」や「マテ」を教え込むこともその方法のひとつです。

 

体を振るのはなぜ?

チワワは寒がりであったり臆病であったりすることから、体を震わせていることがあるかと思います。

実は体を振る動きはボディランゲージのひとつでもあり、ストレスを感じたときや、嬉しいとき、夢を見ているときなどに体を振ります。

散歩中、行きたい方向に行けないとき、体を震わせて飼い主に訴えることも

体を振るときは感情の変化によるものなのか、身体的なストレスや病気的なものなのか、その他のサインも参考にしながら気持ちを読み取ることが大切です。

チワワと意思疎通できていますか?

チワワの動きで気持ちがわかることがある ということは理解されたと思います。

人間と共存しているチワワなのですから人間と意思疎通がなければいけません。

それも人間が主でチワワが従という関係性です

チワワは甘やかすと図に乗る性格です。

ともするとチワワが人間を下に見るということです。

通常のしつけはできていますか?

  • 「噛みぐせが直らない!」
  • 「いつまでたってもトイレを覚えてくれない」
  • 「留守中のイタズラがひどい」
  • 「無駄吠えが多い」
  • 「しつけをちゃんと覚えてくれない」

などなど不安ではないですか?

こんなときはしつけのやり直しですね

ちゃんと人とチワワのどちらが主なのかを態度で示しながら接していかなくてはいけなかったですね。

私もちゃんと訓練にチワワを預けたことがありますが、帰ってきてしばらくしたら元に戻ってしまいました。

私と同じ失敗をしないためにもあなたにおすすめしたいマニュアルがありますので、ぜひご覧になってください。

チワワのしつけ方!成犬になっても使える無駄吠え・噛み癖・トイレのお悩み解消方法