チワワはトイレと寝床を区別できていますか?

チワワがトイレと寝床は区別できていますか?

チワワが混同しないように気をくばってくださいね。

人間の感覚だと、毛布やタオルはトイレではないのですが

チワワはどうも違う感覚のようですから

チワワはトイレはちゃんとできていますか

トイレのしつけは、根気強く、着実にです。

したくなったらここでする、ということを繰り返し繰り返し覚えさせます。

失敗しても厳しく叱るのは逆効果!

トイレすることがいけないことだと勘違いする可能性があるからです

うまくできた時に褒める。

これでトイレを覚えさせてください。

間違ってしてしまったら怒るのでは信頼関係が崩れてしまう可能性もあります

チワワは臆病な面もありますので褒めて伸ばしましょう

でも、教える前に、トイレが準備されていますか。

室内でも必ずケージやクレートを用意して、チワワの居場所を作りましょう。

ポイント
トイレのしつけは褒めながらです。

粗相をしてしまっても大声で叱ったり厳しい罰を与えたりしてはいけません。

叱られると排泄自体がいけないと思い我慢してしまったり  隠れてするようになってしまいます。

留守のときにしてしまった粗相を叱るのも全く意味がありません。

チワワには現行犯で叱られた事しか理解できません。

チワワは寝床を認識できていますか?

ケージやクレートの中で飼い主は寝床とトイレをしっかりと分けます

もちろんチワワ目線で寝床とトイレの違いを認識できる
ように、ということです。

失敗例は、寝床とトイレの高さが同じ場合


トイレトレーを置いたスペースとタオルや毛布などを置いた寝床スペースを分け
あっても  高さが同じだとチワワには違いがわからないです。

寝床を少し高く、ふかふかにして違いがわかるように工夫ですね。

オシッコのしつけがまだの場合は注意です

チワワはふかふかのところにオシッコしたがる場合があります。

そんな場合は寝床を撤去してしまい  トイレの練習に集中するのもやり方です。

トイレができるようになってから寝床を設置しましょう

寝床をトイレにしないように目を配っておいてくださいね

愛犬が好んで過ごす場所であっても寝床に適さない場合もあります。

以下の条件に当てはまる場所には寝床を作るのは避けましょう。

気を付けるポイント

・直射日光が当たる窓辺
・エアコンの風が直接当たる場所
・テレビやトイレの横
・コードや配線が集まる場所

チワワとの信頼関係を構築しましょう

チワワとコミュニケーションちゃんととれていますか?

飼い主さんが自分でしつけをしていくことでいい関係が作れてチワワと人間との信頼関係・主従関係がつくれます。

この機会に信頼関係を確認しておきましょう

チワワが言うことを聞く環境にあれば チワワの変化にも敏感に対応できますね

チワワは甘やかすと図に乗る性格でどんどん増長します。

ともするとチワワが人間を下に見てしまうということです。

まだ慣れていないからと甘い顔をするとどんどん増長するということです。

チワワがわがままになってしまったときはしつけのやり直しになります

  • 「噛みぐせが直らない!」
  • 「いつまでたってもトイレを覚えてくれない」
  • 「留守中のイタズラがひどい」
  • 「無駄吠えが多い」
  • 「しつけをちゃんと覚えてくれない」

などなど今のチワワ君では不安ではないですか?

私はチワワを訓練に預けたことがありますが帰ってきてしばらくしたら元に戻ってしまいました。

チワワと訓練士さんは信頼関係があるんでしょうけれど私との間では今一つだったんでしょうね

私と同じ失敗をしないためにもあなたにおすすめしたいマニュアルがありますので、ぜひご覧になってください。

私と同じ失敗をしないためにもあなたにおすすめしたいマニュアルがありますので、ぜひご覧になってください。

チワワのしつけ方!成犬になっても使える無駄吠え・噛み癖・トイレのお悩み解消方法