チワワを小さく育てるにはどうすればよいか

ペットショップでは、この子は大きくならないとしきりに言いますよね。
でも、実際に飼ったらどんどん大きくなってしまったという話はよく聞きます。
どうすれば大きくならないのか。そこに焦点を当てて解説してきますね。

平均的なチワワはどのくらいなのか

まず、ジャパンケンネルクラブのスタンダードとされている、基準についてです。

規定ではこうなっています。

この犬種には体重のみが考慮され、体高は考慮されない。
体重:1kg ~3kg。
理想体重:1.5kg~2.5kgの間。体重が1kg未満、3 kg超の場合は失格とされる。

しかし、これは品評会での基準です。
それにしても、小さければ小さいほど良いと思ったら、1kg未満もNGなのですね。

実際には、2.5kg~3.5kgくらいが多いようです。

世界最大は特に登録がないようですが、14kgくらいだと思われます。

世界最小はちょっとエピソードがあります。

「ミラクル・ミリー」といって

体高は9.65cmで、2013年に世界最小の犬としてギネス記録で体重は450グラム

このチワワは、韓国でクローン犬がこれまでに50匹近く作られています。

近い未来に、このチワワによってより小さい血統のチワワが確立して、

チワワの基準がより小さく変わっていくことが予想されますね

大きくならない血筋なのかどうか

残念ながら、生まれたときに大きくなるかどうかはある程度決まっています。

日本では、小さいチワワが好まれるため、ブリーダーさんは体格が大きくなりそうなチワワは、率先して販売用に回して、体格の小さいチワワは繁殖用に手元に残すということも行われます。

価格の高いチワワの方が小さく育ちがちといえると思います。

ペットショップやブリーダーさんに、小さく育つ子が欲しいとはっきり言いましょう。

骨格や、足や耳の大きさで子犬のころでも、ブリーダーさんに大きくなるかどうかがわかります。

ペットショップに見に行くと、どうしてもひとめぼれしてしまい、抱っこしてしまうともう、連れて帰るしかならなくなっちゃいます。

それがむこうの作戦です。

大きくなるとわかっていても、愛嬌があれば、ペットショップで販売すれば売れるので、ブリーダーさんとしてはちょうどよいのです。

見に行く前にこちらも作戦を立てていきましょう。

おうちのチワワを小さく育てるには

残念ながら、ご飯の制限や運動では、肥満は避けられても、成長を止めることはできません。

それどころか、発達障害を起こして、不健康なチワワになります。

食べさせすぎだったとしても、肥満になっても、体のサイズ、体長などは変わりません。

それに成長を止めることは健康上に良くありません。

本来、成長するサイズは遺伝子である程度決まっていますので、それにあらがうことはできません。

食事制限しても、やせたチワワになるだけで、サイズは小さくなりません。

ブリーダーさんで小さなチワワの子供ができるようにどうしているかというと

小さい血統のチワワを掛け合わせています。

これしかないのです。

なので小さいチワワにこだわるのならば、小さいチワワを購入してください。

当たり前ですけれど、そういうことですね。

大きい血統のチワワを小さく育てる魔法を期待したみなさんにはすみませんがご理解くださいね。

それより小さく育てようとして食事制限することはやめてください。

チワワがかわいそうですよ。

自分にもチワワのしつけができるだろうかと不安に思っているあなたへ

まずはワンちゃんたちとコミュニケーションをとることです。

飼い主さんが自分でそれぞれにしつけをしていくことでいい関係が作れてワンちゃんと人間との信頼関係・主従関係がつくれます。

この機会に信頼関係を確認しておきましょう

言うことを聞く環境にあれば変化にも敏感に対応できますね

特にチワワは甘やかすと図に乗る性格でどんどん増長します。

ともするとチワワが人間を下に見てしまうということです。

まだ慣れていないからと甘い顔をするとどんどん増長するということです。

チワワがわがままになってしまったときはしつけのやり直しになります

  • 「噛みぐせが直らない!」
  • 「いつまでたってもトイレを覚えてくれない」
  • 「留守中のイタズラがひどい」
  • 「無駄吠えが多い」
  • 「しつけをちゃんと覚えてくれない」

などなど今のチワワ君では不安ではないですか?

私はチワワを訓練に預けたことがありますが帰ってきてしばらくしたら元に戻ってしまいました

この場合は訓練士さんときづけた信頼関係が、私との間では今一つだったんでしょうね

私と同じ失敗をしないためにもあなたにおすすめしたいマニュアルがありますので、ぜひご覧になってください。

↓↓こちらです